MOO:D MARK

ついギフトを贈りたくなる
オンラインギフトブティック

OVERVIEW

三越伊勢丹が運営するギフトサイト、MOO:D MARK(ムードマーク)。サービスローンチのブランドブランディングをSIMONEがお手伝いしました。ギフトを贈り合うことで人が笑顔になるポジティブなネーミング、ロゴ設計、パッケージ制作から、贈る相手やシーンに沿ってアイテムを厳選、編集して見せることでギフト選びをスムーズに行えるUI/UXデザイン、ギフトを贈る人にとっても自分もこうしたいと思える生活のインスピレーションを感じる記事コンテンツの企画制作を担当しています。

住所を知らない相手にも贈れる
ソーシャルギフト

日常的にギフトを贈り合うことを楽しんでもらうため、MOO:D MARKではソーシャルギフト機能を展開。ギフトを購入し、発行されたURLをお相手にメールやSNSで送付するだけ。思い立った時にギフトが送れます。

相手にあった最適なギフトが
ひと目で見つけられる

結婚・出産など、特別なギフトを贈ることが多いミレニアル世代。日々忙しく、ギフト選びに時間が取れない人も、ギフト選びを楽しめるように、自分たちの生活を豊かにするインスピレーションになる切り口で、相手に沿ったアイテムを数ある中から厳選して編集して見せています。

TEAM

  • CREATIVE DIRECTOR :TAKUMA WATANABE
  • ART DIRECTOR :OSAMU JIMBA / HIDETOSHI OKAMOTO
  • UI/UX DESIGNER :MICHELLE TAN
  • DESIGNER :SAWAKO YATA / CHEN YILI
  • PLANNER :RINA KYORAKU / MAO OZAW
  • PRODUCER :TAKUYA KATSUMATA / MAO OZAWA
  • PHOTOGRAPHER :YOICHI TSUNODA
  • STYLIST (PROP) :MAFUMI SHIMADA
  • STYLIST (FOOD) :HIROKO TAKENAKA